NBA2Kのこと

NBA2Kのyoutube情報のおぼえがきです

NBA 2K 24 無課金チャレンジ8 ファミリーフラッシュバックをなんとかクリア

NBA 2K 24 マイキャリアの最難関と言っても過言ではない、ファミリーフラッシュバックの最初、マジック・ジョンソンに挑む。

10点未満に抑えるのはできても、5アシスト未満が難しい。

小芝居が挿入されてさっそく試合開始。

攻略法はR1を押してそのあと△ボタンを押してマッチアップを変更。

マジックはラリー・バードに頼み、自分はマジックからパスが出た後をケアする。

前半で0得点1アシストだからこれはいけそうだ。

後半も慎重に守り切って無事三ツ星達成。

攻撃時にはピッケンロールを中心にテイクオーバーゲージをためて、たまったらディフェンステイクオーバーを発動する。

それでも厳しいときは24秒しっかり使うようにするといい。

ただし、シュートクロックは表示されないので自分で数えないといけない。

さっそくマジックジャージに着替えて今日のスペシャルゲストにチャレンジ。

今日はアデトクンボ。

意外に簡単に勝てた。

そしてようやくOVR70に到達。

NBA 2K 24 シーズン7まで来てRISEに移籍するかどうか

NBA 2K 24もシーズン7まで来た。

25の発売が例年通り9月だとするとあと3か月というところだ。

この時点でoFAB氏の動画を見て、RISEに移籍するかどうか非常に迷っている。

HOW TO GREEN EVERY CONTESTED JUMPSHOT ON NBA 2K24! - YouTube

www.youtube.com

この動画では、RISEのスターター1の特典であるヒートチェックブースターの効果について解説している。

ヒートチェックブースターは、シュートを3回連続で決めると4回目にものすごいブーストがかかるというものだ。

当初これはジャンプシュートを3回連続でと思われていたけれど、どうやらレイアップでもいいし、ミッドレンジでもOKで、3回決めればヒートチェックブースターが発動するというものだ。

そしてブーストが発動した時のシュートは、広大なグリーンウィンドウと無限のレンジ、そしてコンテスト耐性がついて、外すほうが難しいというレベルになるという。

3ポイント79のロックダウンでもハーフコートショットが可能(oFAB)

インサイドでレイアップを決めた直後にブーストアイコンが点灯(oFAB)

これだけ張り付かれていてもグリーン(oFAB)

というわけでRISEに移籍を結構真剣に考えてしまう。

どうも移籍すると、エリートで獲得した報酬は全部なくなるようだ。

惜しいのは毎週のワークアウトから解放してくれるジムラットと、スターター3のアニメーションくらいか。

アニメーションは、装備しているものだけでは残るみたいだけれど、よく考えるとパティ・ミルズが使えるビルドは持っていないので、なくなっても大丈夫といえば大丈夫。

たしかスターター1になるのに1カ月、スターター2にはそれから2カ月かかったはずで、残り3カ月と考えると非常に迷っている。

1on1、2on2ならば大きな武器になるだろうけれど、それ以上の人数だと1試合に1回できればいいほうだろうか。

今のところ踏ん切りがつかない。

NBA 2K 24 無課金チャレンジ7 スポット検索を駆使してデイリークエスト攻略

NBA 2K 24のデイリークエストは無茶なのが時々ある。

今日のこれは完全にフリーじゃないとダメな奴だ。

10本って結構きつい。
でもまぁ、試投数なのが救いか。

クリアしないのはもったいないので、スポット検索を駆使してフリーでシュートを打ちまくってなんとかクリア。

nba2knokoto.jp試合後にファミリーフラッシュバッククエスト、コート上のコーチなどのクエストが発生。

これマジックを抑え込むの大変なんだよな。

って、これファミリーフラッシュバックの画面?
画像はあってるからテキストが間違ってるんだな。

そして雑誌の表紙クエスト。
意識せずにやってればそのうちクリアできる奴だ。

コート上のコーチも勝てばいいだけ。

スポンサーとも契約できて1000VC。安いなー。

あとはストリートボールでスペシャルゲスト。

今日はジェイレン・ブラウン。

もろもろで今日は結構稼げたのでミドルレンジと加速を上げる。

そろそろ3ポイント砲台卒業できるだろうか。

NBA 2K 24 スティールを狙うタイミング

NBA 2K 24では、スティールしやすいタイミングについて何もアナウンスされていない。

NBA 2K 20の時には、スティールしやすいタイミングがキャラクターの下に表示されていた。

それが表示されなくなっただけで、タイミング自体は有効なのではないかとNBA 2K Tutesが検証した。

Spam STEALS with this TRICK - YouTube

www.youtube.com

NBA2K20の時は、ドリブルムーブの初めにスティールしやすいタイミングがあって、それが画面上で確認できた。

そしてそれはドリブルムーブが始まるタイミングだった。

ティールしやすい(されやすい)時はサークルが点線になっていた(NBA 2K Tutes)

NBA 2K Tutesは、そのタイミング自体は生きているのではないかと予想し、ドリブルムーブの初期にスティール入力した成功率と、ドリブルムーブが始まってからスティール入力した成功率を調べた。

その結果、ドリブルムーブが始まるときの成功率が大きく上回ることが分かった。

ドリブルムーブが始まるタイミングの成功率が非常に高い(NBA 2K Tutes)

というわけで、スティールしやすいタイミングはドリブルムーブの初期であり、そこを狙うには見てからは難しく、先読み気味に置いておく必要があるということだった。

当然、読みが外れれば置き去りにされる。

なかなか難しいところだ。

最近、L2を押してガードしながら隙を狙うボールハンドラーが増えている気がする。

余計なことをせずにボールを守り、スティール失敗モーションが見えてからスピードブーストで逆を取るような動き。

実は派手な動きのプレイヤーよりも、そういったハンドラーのほうが手ごわいのかもしれないと思った。

NBA 2K 24 無課金チャレンジ6 ウィークリークエストのためにスペシャルデリバリーをゲット

NBA 2K 24はアリウープアシストがやりにくい気がする。

とりあえず月曜日は大忙しで、ウィークリークエストをもらいに走り回るのと、リーサルゾーンクエストとブリックリージムをこなさなければならない。

まだ能力が低いので、コーナーをリーサルにしておく。

シュート能力が上がったら左中央と右中央に変えていく予定。

ブリックリージムでも相変わらずコーナー待機作戦。

この2つで1500VCはありがたい。大変ありがたい。

そしてストリートボールのスペシャルゲストはヨキッチ選手。

ちょくちょくゴール下まで走っていくのでコーナー3が決めやすい。

ステートファームのウィークリークエストは忘れがち。

そしてクエストをもらってみたら、「アリウープ試投数50」とかでアシストなのか決めるのかわからない。

きっとアシストのほうだろうと思って、リーサルゾーンとブリックリー、スペシャルゲストクエストでゲットしたVCでパスの精度を上げる。

めでたくスペシャルデリバリーのブロンズバッジがゲットできて、NBAの試合でアリウープアシストしてみたらクエストの試投数にカウントされていた。

良かった良かった。

NBA 2K 24 無課金チャレンジ5 ホップジャンパーが見えてきた

NBA 2K 24のマイキャリアでは、NBAの試合はクエストを発生させるためにもなるべく進めておきたい。

VC稼ぎの面では、ストリートボールのほうが圧倒的に稼げるけれど、そこはちょっと我慢だ。

CJマッカラムの面談というお手軽クエストが発生して思い出したのだ。

お、話すだけでVCもらえるのかとうれしくなったけれど、そんなことはなかった。

でもGOATスキルを3種類発動させればいいだけのお手軽クエストだったから、非常にうれしい。

その後はサンセットパークに移動して8人全員と試合を終えた。

その過程でMypointsのクエストも終了して2度おいしい。

せっかくだから報酬のパンツをはいてみる。

そしてミドルレンジシュートを75まで上げる。

これでミッドレンジのKevin Cruz式ホップジャンパーが使えそうだ。

nba2knokoto.jpカリーのアニメーションは使えないけれど、バトラーのホップジャンパーもなかなかいい動きをしてくれる。

もちろんCPUにも通用するので楽しみだ。

 

NBA 2K 24 ブースト付きのアームスリーブは機能しているのか?

NBA 2K 24のシーズンレベルの報酬にブースト付きのアームスリーブがある。

いろいろな能力が+1されるアームスリーブだけれど、ジャケットと併用できないのでアームスリーブを使うのならば、スーツやジャケットは着れなくなる。

この+1の能力値は本当に機能しているのか、NBA 2K Tutesが検証した。

The TRUTH about Shooting Sleeve Boost - YouTube

www.youtube.com

検証方法はNBA 2K Tutesでおなじみ、3pts能力38でシュートメーターにグリーンウィンドウのラインが現れるかどうか。

3ポイント38でグリーンウィンドウが現れればスリーブの+1は機能している(NBA 2K Tutes)

さっそくゲータレードジムで検証を行ったところ、見事にグリーンウィンドウが現れた。

シュートメーターにグリーンウィンドウのラインが出現した(NBA 2K Tutes)

というわけでブースト付きのアームスリーブはしっかり機能しているということが分かった。

ただ、能力値+1がどの程度の価値を持つのかは微妙である。

nba2knokoto.jp

これによると90以上のミッドレンジの+1はほんのちょっとだ。

nba2knokoto.jp

これによると73のときの+1の効果は絶大。
それより上ならほんのちょっと。

nba2knokoto.jp

これによると96以上では+1の差で結構違うようだ。

イワシの頭がどうとかいうけれど、私はアームスリーブはいつもつけることにしようと思う。