NBA2Kのこと

NBA2Kのyoutube情報のおぼえがきです

NBA 2K 24 ファストフィートのバッジ効果の謎

NBA 2K 24から追加されたバッジで、ファストフィートはディフェンス側のスピードブーストだといわれていた。

しかし、ここにきてどんな効果なんだ? という疑問が出てきてしまった。

Fast Feet:Boosts a player's ability to stay in front of dribblers while guarding on the perimeter(ファストフィート:ペリメーターでのガード時に、ドリブラーの前にとどまる能力を高める)

では、ここでファストフィートの効果を検証しきれなかったNBA 2K Tutesの動画を見てみよう。

I finally DEBUNKED the real use of FAST FEET badge - YouTube

www.youtube.com

NBA 2K Tutesはまず、ファストフィートのバッジなしとHOFでスピードにL2押しながらの横方向の動きに差が出るかどうかを検証したけれど、そこに差はなかった。

この距離では差はなかった(NBA 2K Tutes)

そしてこの距離でも差はなかった(NBA 2K Tutes)

もちろんターンのスピードも変わらないし、そのほかのテストでも効果が見えなかった。

ターンの速さも変わらない(NBA 2K Tutes)

競り合ったときの動きも変わらない(NBA 2K Tutes)

能力値のブーストもない(NBA 2K Tutes)

そこでNBA 2K Tutesは、バッジがアクティブになるタイミングに着目した。

ディフェンスの移動中ではなく、ボールハンドラーと接触してクランプと一緒に点灯することが多い。

なんだか23のメナスっぽいじゃないか。

ということは、メナスっぽくファストフィートが点灯した後に効果が発生しているのかもしれない。

前作のメナスの点灯タイミングとかぶる…ような気がする(NBA 2K Tutes)

ここからはもうよくわからない状態。

とりあえず、ファストフィートが点灯した後L2を押したままLスティックを右に入れ続けるとまっすぐ移動する。

バッジなしの場合は途中で変なターンを始めるということが分かった。

バッジなしだと、なぜそうなるという動き(NBA 2K Tutes)

というわけで、ファストフィートの効果はある。

あるけれどもどんな効果かいまいちわからないということが分かった。

分かりやすい名前に騙された感じだ。

NBA 2K 24 不動の執行者はやっぱりすごい?

NBA 2K 24で新しく追加された不動の執行者バッジは、発売直後から大きなメリットがアピールされていた。

nba2knokoto.jp

今回はNBA 2K Tutesがディフェンス能力値のブーストがどのくらいあるかという検証を行った。

Immovable Enforcer is TOO MUCH - YouTube

www.youtube.com

検証方法はボールハンドラーをストップできるかどうかの閾値が、不動の執行者のレベルによってどう変化するか。

ペリメーターディフェンス93だとドライブが止められる(NBA 2K Tutes)

ペリメーターディフェンス92だと吹っ飛ばされる(NBA 2K Tutes)

不動の執行者のバッジを付けて、ペリメーターディフェンスを下げていき、どの数値で吹き飛ばされるようになるかをテストした。

それによるとブロンズの不動の執行者を付けた場合、ペリメーターディフェンス48でもドライブが止められた。

不動の執行者の効果がすごすぎておもしろい図になっている(NBA 2K Tutes)

ちなみにクランプのブースト効果はこのくらい(NBA 2K Tutes)

ブロンズの要件は、力の強さ71。
それほど高くはないけれど、なかなか厳しい数値だ。

ただ、ブロンズがあるだけでディフェンスは格段に楽になる……気がする。

能力値に余裕があるなら振っておくべきだろう。

まぁ、余裕がないことのほうが多いのだけれど。

NBA 2K 24 無課金チャレンジ9 ストリートボール・ヤードに備えて助っ人をスカウト

NBA 2K 24には過去作の登場人物がかなり幅を利かせている。

今回は23のライバルだったShepさんをスカウトするクエストを終わらせてみた。

ストリートボール・ヤードでは、ボスと何回も戦うのだけれど、いままで仲間にした人たちは1人1回しか使えない。

いつものように全試合を5-OとDeadeyeで行くことはできないので、使える人を増やしておく必要がある。

Shepをスカウトするには、the Cityの中をうろうろしてこんなマークのポスターを10枚探す必要がある。

ポスターはプレイヤーがよく利用する施設の横に貼ってあるので、見つけやすいといえば見つけやすい。

まず1枚目はRiseの入り口わき、Club2Kとの間。

2枚目はPro-Am 施設の横。

3枚目はELITEの入り口の脇。

4枚目はTHE POINTの入り口わき。

5枚目はサンセットパークの入り口わき。

6枚目はアリーナの横。

7枚目はブリックリージムの横。

8枚目は同じくブリックリージムの反対側の壁。

9枚目はアートオブシューティングジムの横。

そして10枚目はヤードの脇、見覚えある人物が立っている。

23でMPを煽り倒してそのあと特に絡まずにひっそり退場したイメージだったけど、実は活躍していたらしい。

23の活躍は置いておいて、ストリートボールではしっかり活躍してくれるので、OVRが低いうちは頼もしい。

そして今日のスペシャルゲストはデローザン。

あとはちょこっとNBAの試合をして、1週間でOVR70までこれたので、結構頑張ったかもしれない。

 

NBA 2K 24 無課金チャレンジ8 ファミリーフラッシュバックをなんとかクリア

NBA 2K 24 マイキャリアの最難関と言っても過言ではない、ファミリーフラッシュバックの最初、マジック・ジョンソンに挑む。

10点未満に抑えるのはできても、5アシスト未満が難しい。

小芝居が挿入されてさっそく試合開始。

攻略法はR1を押してそのあと△ボタンを押してマッチアップを変更。

マジックはラリー・バードに頼み、自分はマジックからパスが出た後をケアする。

前半で0得点1アシストだからこれはいけそうだ。

後半も慎重に守り切って無事三ツ星達成。

攻撃時にはピッケンロールを中心にテイクオーバーゲージをためて、たまったらディフェンステイクオーバーを発動する。

それでも厳しいときは24秒しっかり使うようにするといい。

ただし、シュートクロックは表示されないので自分で数えないといけない。

さっそくマジックジャージに着替えて今日のスペシャルゲストにチャレンジ。

今日はアデトクンボ。

意外に簡単に勝てた。

そしてようやくOVR70に到達。

NBA 2K 24 シーズン7まで来てRISEに移籍するかどうか

NBA 2K 24もシーズン7まで来た。

25の発売が例年通り9月だとするとあと3か月というところだ。

この時点でoFAB氏の動画を見て、RISEに移籍するかどうか非常に迷っている。

HOW TO GREEN EVERY CONTESTED JUMPSHOT ON NBA 2K24! - YouTube

www.youtube.com

この動画では、RISEのスターター1の特典であるヒートチェックブースターの効果について解説している。

ヒートチェックブースターは、シュートを3回連続で決めると4回目にものすごいブーストがかかるというものだ。

当初これはジャンプシュートを3回連続でと思われていたけれど、どうやらレイアップでもいいし、ミッドレンジでもOKで、3回決めればヒートチェックブースターが発動するというものだ。

そしてブーストが発動した時のシュートは、広大なグリーンウィンドウと無限のレンジ、そしてコンテスト耐性がついて、外すほうが難しいというレベルになるという。

3ポイント79のロックダウンでもハーフコートショットが可能(oFAB)

インサイドでレイアップを決めた直後にブーストアイコンが点灯(oFAB)

これだけ張り付かれていてもグリーン(oFAB)

というわけでRISEに移籍を結構真剣に考えてしまう。

どうも移籍すると、エリートで獲得した報酬は全部なくなるようだ。

惜しいのは毎週のワークアウトから解放してくれるジムラットと、スターター3のアニメーションくらいか。

アニメーションは、装備しているものだけでは残るみたいだけれど、よく考えるとパティ・ミルズが使えるビルドは持っていないので、なくなっても大丈夫といえば大丈夫。

たしかスターター1になるのに1カ月、スターター2にはそれから2カ月かかったはずで、残り3カ月と考えると非常に迷っている。

1on1、2on2ならば大きな武器になるだろうけれど、それ以上の人数だと1試合に1回できればいいほうだろうか。

今のところ踏ん切りがつかない。

NBA 2K 24 無課金チャレンジ7 スポット検索を駆使してデイリークエスト攻略

NBA 2K 24のデイリークエストは無茶なのが時々ある。

今日のこれは完全にフリーじゃないとダメな奴だ。

10本って結構きつい。
でもまぁ、試投数なのが救いか。

クリアしないのはもったいないので、スポット検索を駆使してフリーでシュートを打ちまくってなんとかクリア。

nba2knokoto.jp試合後にファミリーフラッシュバッククエスト、コート上のコーチなどのクエストが発生。

これマジックを抑え込むの大変なんだよな。

って、これファミリーフラッシュバックの画面?
画像はあってるからテキストが間違ってるんだな。

そして雑誌の表紙クエスト。
意識せずにやってればそのうちクリアできる奴だ。

コート上のコーチも勝てばいいだけ。

スポンサーとも契約できて1000VC。安いなー。

あとはストリートボールでスペシャルゲスト。

今日はジェイレン・ブラウン。

もろもろで今日は結構稼げたのでミドルレンジと加速を上げる。

そろそろ3ポイント砲台卒業できるだろうか。

NBA 2K 24 スティールを狙うタイミング

NBA 2K 24では、スティールしやすいタイミングについて何もアナウンスされていない。

NBA 2K 20の時には、スティールしやすいタイミングがキャラクターの下に表示されていた。

それが表示されなくなっただけで、タイミング自体は有効なのではないかとNBA 2K Tutesが検証した。

Spam STEALS with this TRICK - YouTube

www.youtube.com

NBA2K20の時は、ドリブルムーブの初めにスティールしやすいタイミングがあって、それが画面上で確認できた。

そしてそれはドリブルムーブが始まるタイミングだった。

ティールしやすい(されやすい)時はサークルが点線になっていた(NBA 2K Tutes)

NBA 2K Tutesは、そのタイミング自体は生きているのではないかと予想し、ドリブルムーブの初期にスティール入力した成功率と、ドリブルムーブが始まってからスティール入力した成功率を調べた。

その結果、ドリブルムーブが始まるときの成功率が大きく上回ることが分かった。

ドリブルムーブが始まるタイミングの成功率が非常に高い(NBA 2K Tutes)

というわけで、スティールしやすいタイミングはドリブルムーブの初期であり、そこを狙うには見てからは難しく、先読み気味に置いておく必要があるということだった。

当然、読みが外れれば置き去りにされる。

なかなか難しいところだ。

最近、L2を押してガードしながら隙を狙うボールハンドラーが増えている気がする。

余計なことをせずにボールを守り、スティール失敗モーションが見えてからスピードブーストで逆を取るような動き。

実は派手な動きのプレイヤーよりも、そういったハンドラーのほうが手ごわいのかもしれないと思った。