NBA2Kのこと

NBA2Kのyoutube情報のおぼえがきです

NBA 2K 24 インターセプターのバッジ効果

NBA 2K 24はインターセプトがかなり強力で、見え見えのパスは出さないように気を使わされる。

かなり強力な効果を持っているような気がするけれど実際どうなのか、NBA2KLABの検証動画を見てみよう。

NBA 2K24 How to Get More Steals with Interceptor: Best Build Defensive Badges on 2K24 - YouTube

www.youtube.com

検証方法は、トップからコーナーにパスを出して、ディフェンダーがどの程度スティールできるかを集計している。

トップからコーナーへのパスで検証(NBA2KLAB)

このテストでは、キャッチ、はじいてスティール成功、はじくだけ、スティール失敗の4段階に分けて、バッジレベルごとに集計。

ブロンズとシルバーはほとんど変化なし、ゴールドでスティール成功率50%を超えて、HOFのスティール成功率は60%以上だった。

バッジレベルごとのスティール成功率(NBA2KLAB)

ティール成功を抜き出すとこうなる(NBA2KLAB)

結果からみてもかなり強力なのが分かる。

また、NBA 2KTutesでもインターセプターの検証動画があるので、それも紹介しよう。

Season 2: INTERCEPTOR, do you even NEED IT? - YouTube

www.youtube.com

この動画では、バッジレベルによってアニメーションに変化があるか、スピードが変わるか、範囲が広がるかなどを検証している。

ただ、アニメーションやスピード、範囲などはバリエーションが多すぎてバッジレベルによるものかどうかいまいちわからない。

そして成功率では、パス成功が1点、はじくだけが2点、はじいてスティールが3点、キャッチしてスティールを4点として、バッジレベルごとに点数を集計している。

その結果、バッジなしからHOFまでほぼ右肩上がりの結果になった。

バッジレベルごとのスティール成功率(NBA 2K Tutes)

NBA2KLABとNBA 2K Tutesで評価の違いが気になるけれど、スティール成功までいかなくても、パスをはじけるということに注目すれば、バッジなしやブロンズでも十分価値がある。

今年のインターセプトは強力だ。

NBA 2K 24 シーズン5 ブッカーのモーションスタイルについて

NBA 2K 24 シーズン5で追加されたブッカーのモーションスタイルについて、NBA 2K Tutesが検証している動画を紹介する。

How Fast is NEW BOOKER motion style? - YouTube

www.youtube.com

NBA 2K Tutesはこれまでにもモーションスタイルについて様々な面で検証し、モーションスタイルの違いはオフボールの移動スピードの違いだけだとしている。

そこで今回は、デビンブッカーのモーションスタイルが、従来のモーションスタイルを超えるスピードかどうかを検証した。

6’5~6’9の身長では、ブッカーのモーションスタイルはあまり速い部類ではなかった。

ブッカーのモーションスタイルの移動速度(NBA 2K Tutes)

そして~6’4でも速くはなかった。

ブッカーのモーションスタイルの移動速度(NBA 2K Tutes)

というわけで、スピードを求めるのならば、ブッカーのモーションスタイルは不要だということが分かった。

NBA 2K 24 シーズン5 ブッカーのアニメーション評価

NBA 2K 24 シーズン5で追加されたデビンブッカーのアニメーションについて、どのモーションが良くて、どのモーションが悪いのかNBA2KLABが評価しているので、自分のアニメーションを変更するかどうかの参考にしてみよう。

Best Dribble Moves + Animations NBA 2K24 Season 5 UPDATE ! - YouTube

www.youtube.com

まず最初にレイアップのアニメーションが紹介されるけれど、レイアップが一番良くて使えるのならばすぐに使おうというものだった。

特筆すべきはフローターで、かなり遠距離から狙える。

ただ、ドライビングレイアップが85必要で、この数値はちょっとネックかもしれない。

3ptラインのすぐ内側からフローターを狙える(NBA2KLAB)

次がドリブルプルアップ。

コービーほどのフェードがないけれど、左右両方向でだいたい同じ速さなので使いやすいと言えば使いやすいのか。

グリーンウィンドウも左右同じでプロ2よりは狭いけれど、コービーの利き手方向と同じ。

フェード部分でチェックをかわすのでなければ、かなり良い部類のモーションだろう。

目に走りながらのフロントフェードは余計な動きがないから使いやすい(NBA2KLAB)

ホップジャンパーは、かなりの距離を後退るモーションが特徴で、好きな人にはたまらない動きだろう。

そしてブッカーのドリブルスタイル。

マジックは弱体化されたけれども、ブッカーはされなかった。

マジックを使っていた人はブッカーに乗り換えよう。

スピードウィズボール80必要だけど。

オフボールハンド側への切替えしの速さは絶品(NBA2KLAB)

シグネチャーサイズアップはあまり速くない。

エスケープムーブは、ジミーバトラーかケビンデュラントを使うべき。

クロスオーバーは悪くないけれどコービーかジョンウォールのほうがいいんじゃない?

ビハインドザバックはバランスが良い。いいかもしれない。

ステップバックはちょこちょことした動きが入っていて、ジョンウォールが使えない75近辺の選択肢としてはありなどといった評価だった。

というわけでシーズン5で使いされたデビンブッカーのモーションについての動画を紹介した。

NBA 2K 24 ドリブルプルアップを比較 コービーvsKDvsMJ

NBA 2K 24のドリブルプルアップ比較シリーズで、NBA 2K TutesがKDとMJの検証を行っていたので、第2弾として紹介する。

まずはスターター3の特典としてアンロックされるKDのモーション。

Avoid contest with this Jumpshot Fade - YouTube

www.youtube.com

検証方法は前回と同様で、利き手方向と反対方向へのフェードを100回ずつ行い、コンテストの平均値を出してプルアップモーションの評価を行っている。

傾き具合が段違いのKDのプルアップモーション(NBA 2K Tutes)

検証結果によると、利き手方向へのフェードでは8.82%。反対方向ではなんと1.2%だった。

ケヴィンデュラント 利き手方向へのフェード コンテスト平均値(NBA 2K Tutes)

ケヴィンデュラント 利き手と反対側へのフェード コンテスト平均値(NBA 2K Tutes)

さすがシークレットモーションというか、歴代でも定評のあるモーションというか、すごい優秀さ加減だ。

そして次は神様のモーション。

I tested the GOAT jumpshot fade on NBA 2K24 - YouTube

www.youtube.com

ジョーダンのプルアップは、利き手側で15.2%。利き手と反対側で14.5%。

今回検証した中ではどちらも最低の数値だった。

ジョーダン 利き手側へのフェード コンテスト平均値(NBA 2K Tutes)

ジョーダン 利き手と反対側へのフェード コンテスト平均値(NBA 2K Tutes)

スターター3になるまで使えないとはいえ、KDのモーションは驚いた。

手動テストなので絶対とは言えないのだろうが、誤差と言えるレベルを超えている。

早くスターター3になって、利き手と反対側にフェードしたい。

NBA 2K 24 もっとも速いシュートモーション 6’4以下

NBA 2K 24で最も早いシュートモーションをNBA2KLABが紹介している。

パティミルズベースにオスカーロバートソン80%とコリンセクストン20%でミックスしたジャンプシュートモーションだ。

Best Jumpshots for Your Height and Three Point Rating in NBA 2K24 : Fastest 5'7 to 6'4 Jumpshot - YouTube

www.youtube.com

ピュアグリーンウィンドウは505-520ミリ秒で、グリーンウィンドウ全体では59ミリ秒。
グリーンウィンドウエッジのシュート成功率は平均的。
特筆すべきなのはやはりシュートモーションのスピードと必要な3pt能力が84というところ。

パティミルズベースのジャンプシュートデータ(NBA2KLAB)

速いということはチェックが間に合わないということで、非常に優れていると言える。

もしできるだけ速いモーションが使いたいということであれば、試してみると良いと思う。

ただ、この組み合わせよりも10ミリ秒遅いモーションがある。

例えばステフベースでセクストン14%とロバートソン86%の組み合わせは、シュート成功率では若干上回るようだ。

また、ミルズベースでガーランド70%とトレイヤング30%の組み合わせなどは、シュート成功率が結構上回る。

10ミリ秒というと0.01秒。格闘ゲームで言うと0.6フレームくらい。

速さか成功率かというよりも3種類試してみて、感覚的にしっくりくるモーションが正解だと思う。

NBA 2K 24 ドリブルプルアップを比較 コービーvsプロ2vsデローザン

NBA 2K 24のドリブルプルアップモーションは、かなり早い段階からコービーが最高と言われていた。

その後、しばらくたってNBA2KLABがグリーンウィンドウの大きさを検証した。一例としてコービーのデータを動画で紹介していたけれど、グリーンウィンドウの大きさだけで言えば、コービーよりもプロ2が良かった。

nba2knokoto.jp

ただ、プロ2のアニメーションはフェード具合がどうなの? という疑問があった。

そこで今回、NBA 2K Tutesがコービーとプロ2のドリブルプルアップで、それぞれ100回ずつテストして平均のコンテスト数値を出した。

Best Fades | Dribble Pull Ups: Kobe vs Pro 2 - YouTube

www.youtube.com

結果は、利き手側はコービーのほうがだいぶ数値が低かった。
一方、利き手と反対側へのフェードでは、ちょっとだけコービーが低かったけれど、ほぼ互角だった。

コービーvsプロ2 利き手側へのフェード コンテスト平均値(NBA 2K Tutes)

コービーvsプロ2 利き手と反対側へのフェード(NBA 2K Tutes)

というわけで、ドリブルプルアップアニメーションでは、グリーンウィンドウの大きさではプロ2がいいけれども、フェード具合によるコンテストではコービーが良いという結果になった。

いずれにしても、コービーとプロ2に関しては、ターボを押しながら利き手側へのフェードを使うように意識したほうが良いようだ。

さらにその後、NBA 2K Tutesはコービーとデローザンを比較したらどうなのかという検証も行った。

デローザンのプルアップについてはNBA2KLABにはグリーンウィンドウのデータがない。

Derozan vs Kobe Fade : NBA 2K24 Best Jumpshot - YouTube

www.youtube.com

それによると、デローザンのドリブルプルアップは、利き手側への動きでは平凡、利き手の反対側への動きではコービーを上回るほどに優秀という結果だった。

デローザンの利き手側へのフェード(NBA 2K Tutes)

デローザンの利き手と反対側へのフェード(NBA 2K Tutes)

利き手と反対側への動きを重視するのであれば、デローザンのプルアップモーションは最適なようだ。

NBA 2K 24 シーズン5 v1.7アップデート パッチノート

原文はこちら

nba.2k.com

GENERAL

  •  2月23日(金)PT午前8時/ET午前11時/GMT午後4時(日本時間は24日(土)午前1時)開始のNBA 2K24 Season 5の準備を進めています。ご期待ください!
  • ジョージ・マクギニス#30メモリアルストライプがインディアナ・ペイサーズのジャージに追加されました。
  • ゴールデンステイト・ウォリアーズのジャージにデヤン・ミロジェビッチ選手の記念パッチが追加されました。
  • 以下の選手は、一般的な肖像画の更新または調整が行われました:
            ラメロ・ボール(タトゥー更新)
            イシュ・ウェインライト(タトゥー更新)
            デリック・ホワイト(デフォルトヘアー更新)

CITY/PRO-AM/REC/THEATER/MyCAREER

  • パフォーマンス、安定性、ビジュアルにさまざまな改良が加えられ、シティやMyCAREERでの全体的な体験が向上しました。

MyTEAM

  • アンリミテッド・ウィークエンド・チャンピオンシップのセレブレーションが更新され、負けたチームの選手がMVPトロフィーを獲得できないようになりました。
  • Triple Threat Online: Co-Op gamesにおいて、シューズカードがプレイヤーに表示されない特定の問題に対処

MyNBA/THE W

  • MyNBA Onlineにおいて、"Start Today "オプションをオンにした状態でオールスターゲーム以降のシミュレーションを行うと、まれにハングアップすることがある問題を解決しました。
  • MyWNBAにおいて、保護選手オプションをオンにした状態でエクスパンションチームを作成し、シーズンを進める際に発生する可能性のあるハングアップに対処しました。