NBA2Kのこと

NBA2Kのyoutube情報のおぼえがきです

NBA 2K 24 スクープレイアップの効果的な使い方

NBA 2K 24ではスクープレイアップが強いといわれている。

でも、メーターダンクが強いし、フローターも強いし、後ろからチェイスダウンブロックされるし、それほど強いわけではない気がして、いまいち使っていなかった。

それが、実は使い方が悪かったというのがoFAB氏の動画で分かった。

THE MOVE NO ONE CAN GUARD IN NBA 2K24... - YouTube

www.youtube.com

動画によると、スクープレイアップは、ディフェンスを抜ききっていない状態で使用するのが正解らしい。

ディフェンスがすぐ横にいて、もしそこでメーターダンクを入力すれば、相手を引きずりながらコンタクトダンクにいける状態。

スクープレイアップを狙うのはこの状態(oFAB)

ディフェンスを押しのけるアニメーションで無事フィニッシュ(oFAB)

1on1で言えば、トリプルスレットからヘジテーションキャンセルして間髪入れずにクロスオーバーで抜き去り、それからレイアップという作法はいらないようだ。

もちろん前述のお決まりムーブをやるとチェイスダウンでしっかりブロックまでがセットで付いてくる。

ボールを受け取ったら、おもむろに斜めに進み、ディフェンスの横で体を寄せて、もういきなりスクープ入力。

ディフェンスをレイアップのアニメーションに巻き込んでブロックさせない使い方だそうだ。

そしてこれを印象付けると、ディフェンスは前に回り込もうとするので、ステップバックしてジャンプシュートが決めやすくなる。

さらに、レイアップであればヒートチェックブースターの判定に含まれるので、スクープを3本決めたらブースト効果が得られるということで非常にお得。

最近はダンクできないビルドを使うことが多いのだけれど、レイアップがブロックされてばかりで困っていた。

今回の動画は目からうろこだったので、早めにスクープという意識で試してみたいと思う。

NBA 2K 24 無課金チャレンジ ほかの人はどうやってるのかな

NBA 2K 24の無課金チャレンジを始めてみたけれど、ひたすらDisco相手に3ptsを決めるだけの作業はつらすぎてちょっと停滞気味だ。

そういえばJoe Knows氏が無課金チャレンジをしてたはずだけど、それはどうなったのか気になっていたら3時間半のビデオになって公開されていた。

そんな長いのは見ていられないなぁと思ったけれど、再生数が50万回近くいっている。

STEPH CURRY and KEVIN DURANT BUILD 60 OVR to 99 OVR in 1 VIDEO (No Money Spent + No MyCareer) - YouTube

www.youtube.com

なにかおもしろい内容があるのかと気になって、本当に駆け足だけれども、ざっと見てみた。まぁ、能力を上げる順番だけでも参考にできたら御の字だ。

チャレンジするビルドはこれ6'3の3ポイントシュートハンター(Joe Knows)

さっそく3on3に挑戦するようだけれど、YOUNG DIRK氏が巻き込まれている。

それはまぁ、断れないのだろうなぁと笑ってしまった。

OVR60の2人組とYOUNG DIRK氏で3on3(Joe Knows)

まずはスタミナを96まで上げて、その次に3ptの能力を76にした。

3ptが76はシュートフォームのためだろう(Joe Knows)

そしてシュートフォームをウエストブルックベースに変更。

エストブルックベースにオスカーロバートソンとパトリックベバリー(Joe Knows)

そして3ptに絞ってあげていき、85まで上げたら次はフィジカル。

OVR65時点の能力(Joe Knows)

この時点でRECにも参加してなおかつ勝っている。それどころか連勝している。

もうこの時点で理解できない。

また、VCがたくさんもらえるPRO-AMにも参加して稼ぎまくる。

なんで勝てるんだろう?

3ポイントを92まで上げたのち、今度はボールハンドリングを上げていく。

あっという間に83でジャマルマレーをゲット。

OVR70でこんな感じ(Joe Knows)

なんとか30分ほど見た。あと3時間分あるのか。

なんというか限界が来たのでまた今度ということにする。

NBA 2K 24 LスティックキャンセルやL2キャンセルを練習する前に知っておくべきこと

NBA 2K 24のドリブルテクニックとして最初に出てくるLスティックキャンセルとL2キャンセル。

それらについてかなりわかりやすい解説があったので参考にしてみよう。

動画を公開したのはNBA2KLABの一員であるKoza氏。

この動画が参考になったのは、LスティックキャンセルとL2キャンセル以前に、ターボクロスオーバーをしたいのに、わけのわからないアニメーションが出てしまうのはなぜなのか、それに言及していたからだ。

NO SPEED WITH BALL DRIBBLE TUTORIAL L2 CANCEL LEFT STICK CANCEL AND CRABBING TUTORIAL NBA 2K24 - YouTube

www.youtube.com

まず、チュートリアルに使用されている能力は、ボールコントロール86のビルド。

6'6のビルドでは平均的な数値だ。

チュートリアルに使用されているビルド(Koza)

アニメーションも定番で、ドリブルスタイルはプロ。エスケープはケンバ・ウォーカー。

アニメーションは定番のもの(Koza)

チュートリアルはアートオブシュートジムで撮影されている。
これはコントローラーと画面上のハンドカムのずれが一番少ないのがアートオブシュートジムだからだそうだ。豆知識として覚えておく。

そしてLスティックキャンセルとL2キャンセルの前段階として、ターボクロスオーバーについての説明がある。

ターボクロスオーバーは、右スティックをフリックする方向に気を付けなければいけない。時計の針で1時と11時、2時と10時、3時と9時で出るモーションが変わるのだ。

1時や11時の方向にフリックすると、クイックで前に進むモーションが出る(Koza)

2時や10時の方向にフリックして、この大きいモーションを出すのが大事(Koza)

3時と9時だとビトゥイーンレッグに化ける(Koza)

だから、なるべく2時か10時の方向にフリックして、キャンセルやスピードブーストにつなげやすいモーションを出す必要がある。

 

そして、正しいクロスオーバーが出せるようになったら、まずはLスティックキャンセルを練習する。

テクニックとして有名になった順番からするとL2キャンセルを先に練習したくなるけれど、Lスティックキャンセルのほうを先にしたほうが良いそうだ。

たしかに、LスティックをフリックすればLスティックキャンセルで、Lスティックを入力し続けたらスピードブーストになる。

それならば、Lスティックキャンセルを先にマスターするべきなのだろう。

 

ここでまたキャンセルテクニック以前の基本的なことが学べる。

ターボクロスオーバーの後、タイミングよくLスティックを入力するのだけれど、タイミングが早すぎるとモメンタムクロスのモーションが出る。

そして、Lスティックはキャラクターの向きに合わせて入力する必要があり、キャラクター正面に対して3時と9時の方向に入力するとちょっとだけジャンプして加速するモーションが出る。

何もなくスムーズにいくのは少し前より1時2時10時11時の方向だ。

Lスティックが速すぎるとモメンタムクロスに化ける(Koza)

腕がきれいに伸びたこのモーションが出したい(Koza)

Lスティックのフリックが成功すると腕を伸ばした状態から移動せずに立ち止まったまま(Koza)

Lスティックが水平方向に入力されると小さく跳ねるモーションになる(Koza)

そして、もうひとつ難しいのがLスティックを入力する方向だ。

Lスティックキャンセルなり、L2キャンセルなりでキャンセルするモーションによっては、キャラクターが斜めを向いていることもある。

そうするとキャラクターの向きに合わせてLスティックを入力する方向を変えなければいけない。

右スティックもデリケートだし、左スティックもデリケートで何とも難しいのだけれど、知っておくだけでかなり役立つ。

 

この後、動画はターボクロスオーバーからスピードブーストしてL2キャンセルをする方法へと続く。

その説明でも、ちょっとやってみようかなと思うほどわかりやすかった。

L2キャンセルはスピードブーストをキャンセルする方法で、スピードブーストの勢いで移動してしまう部分をL2押しながらターボエスケープ各種を入力して素早く次のアクションにつなげる。

だからターボクロスオーバーからだけではなくて、ヘジテーションキャンセルのスピードブーストにも使えるし、クロスラウンチでも使える。

あとは、L2キャンセルした後にまたターボクロスオーバーで移動しようとすると、L2を離すタイミングが難しい。

簡単なのは、L2キャンセルしてスナッチバックやビハインドザバック。これらはL2押しっぱなしでも良いという話だった。

 

LスティックキャンセルとL2キャンセルを解説した数多くの動画があるけれど、この動画は非常にわかりやすい。

なぜならKoza氏が失敗した時の動きをカットせず、失敗した理由も解説しているからだ。

初心者向けでおすすめだと思う。

 

NBA 2K 24 またスタンディングダンクのグリッチ 条件がきびしい

NBA 2K 24のスタンディングダンクについて2回連続の投稿。

前回はoFAB氏の動画を見てやってみていまいちダメだった。

nba2knokoto.jp

今度はLakerfan氏の動画で、今度こそ使えそうな技なので、さっそく見てみよう。

THE NBA 2K24 GLITCH THAT TOOK 8 MONTHS TO BE FOUND... - YouTube

www.youtube.com

さすが話の長いLakerfan氏だけあって動画は30分以上ある。

でも主題は簡単で、ペイントの外側からラメロ・ボールのノーマルブレイクダウンでディフェンスのわきに入り込めて、スタンディングダンクが狙いやすくなるというものだ。

この位置からノーマルブレイクダウンを始める(Lakerfan)

前進するアニメーションでディフェンスも押し出される(Lakerfan)

最後にちょっとスライドする動きでスルリと抜け出してスタンディングダンク(Lakerfan)

ペイント内での余計な動きは予測不能な部分もあるので、ラメロ・ボールの少しずつ前進する動きがいいらしい。

また、アグレッシブブレイクダウンにはポールジョージを仕込んでおいて、自分のいるポジションによって使い分けると良いのだそうだ。

さっそく試してみようと思ったら、ラメロ・ボールのブレイクダウンのハードルが高い。

身長6'10以下でボールコントロール85必要。

コンタクトスタンディングダンクが装備できるビルドでは使えない。
そして6'10以下でとなると、そこまでして無理にスタンディングダンクに行かなくてもいいんじゃない? というのと、レブロンのアグレッシブブレイクダウンでいいのでは? となった。

ボールコントロールが足りなくてラメロ・ボールは使えないけれど、スタンディングダンク90の6'9のビルドがあったので、ポール・ジョージのノーマルブレイクダウンやレブロンのアグレッシブブレイクダウンで試してみた。

たしかにスタンディングダンクに行きやすそうな動きで使える。

ラメロに限定しなくても、ペイント内でブレイクダウンコンボを使う選択肢はありだ。

NBA 2K 24 スタンディングダンクに行きやすくなるグリッチ

NBA 2K 24で強いことが分かり切っているスタンディングダンク。

もちろん守る側もわかっているので、スタンディングダンクにいけるポジションには、なかなか入れてもらえない。

ちなみにベストのポジションはバスケットの真下で、その辺は話の長いLakerfan氏が説明している。

nba2knokoto.jp

今回はそのちょっと外、スタンディングダンクにいけない位置からどうやって近づくか。そして目の前にいるディフェンダーをどうやってずらすかのズル技を紹介する。

POST SCORERS ARE SCARED OF THE BEST BUILD ON NBA 2K24! - YouTube

www.youtube.com

動画を公開したのは最近になって有用な話題を提供してくれているoFAB氏。

動画の主題は1on1で絶対勝ちたいときに使うポストスコアラービルドについてだけれども、そこはまぁ置いておいて、使用しているアニメーションの部分でちょっとだけ触れられているトリプルスレットスタイルのコービーと、トリプルスレットエモートのLEG WRAPだ。

トリプルスレットスタイルのコービー(oFAB)

トリプルスレットエモートにはLEG WRAP(oFAB)

このモーションを使うのはトリプルスレットの時ではなく、ドリブルした後。

ペイント内でゴールまで微妙に距離があったり、ディフェンダーが目の前に立っていたりする時だ。

LEG WRAPモーションを出すと、プレイヤーはバスケット方向に向きを変え、モーションに押されてディフェンダーが微妙にずれる。さらになんとプレイヤーがほんのちょっと前に進むのだ。

この位置、この向きでLEG WRAPを2回(oFAB)

そうするとなぜかこうなるのですかさずダンク(oFAB)

この位置で強制ボールピックアップをくらう(oFAB)

すかさずLEGW RAPを何度も何度も繰り返す(oFAB)

ちょっとずつ前に進んでこんなところまで来た(oFAB)

コービーのトリプルスレットスタイルについては、ゴール下でジャブステップを行うことで、目の前のディフェンダーをずらし、相手がうまくポジションを修正できなければダンクに行くというテクニックだ。

そしてLEG WRAPとジャブステップを併用すると、ディフェンダーがなんだか知らないけど目の前からずれてしまうというズル技だ。

ゴール下ではディフェンダーも操作が難しい。

下手に動くと動きすぎてヘンな場所に行ってしまう。
これは守るのが難しい。

……と思ったけれど、自分でやってみたらいまいちだった。

うまい人は効果的に使えるのかもしれないが、へたくそが闇雲にまねしてみてもうまくいかないテクニックだ。

NBA 2K 24 ファストフィートのバッジ効果の謎

NBA 2K 24から追加されたバッジで、ファストフィートはディフェンス側のスピードブーストだといわれていた。

しかし、ここにきてどんな効果なんだ? という疑問が出てきてしまった。

Fast Feet:Boosts a player's ability to stay in front of dribblers while guarding on the perimeter(ファストフィート:ペリメーターでのガード時に、ドリブラーの前にとどまる能力を高める)

では、ここでファストフィートの効果を検証しきれなかったNBA 2K Tutesの動画を見てみよう。

I finally DEBUNKED the real use of FAST FEET badge - YouTube

www.youtube.com

NBA 2K Tutesはまず、ファストフィートのバッジなしとHOFでスピードにL2押しながらの横方向の動きに差が出るかどうかを検証したけれど、そこに差はなかった。

この距離では差はなかった(NBA 2K Tutes)

そしてこの距離でも差はなかった(NBA 2K Tutes)

もちろんターンのスピードも変わらないし、そのほかのテストでも効果が見えなかった。

ターンの速さも変わらない(NBA 2K Tutes)

競り合ったときの動きも変わらない(NBA 2K Tutes)

能力値のブーストもない(NBA 2K Tutes)

そこでNBA 2K Tutesは、バッジがアクティブになるタイミングに着目した。

ディフェンスの移動中ではなく、ボールハンドラーと接触してクランプと一緒に点灯することが多い。

なんだか23のメナスっぽいじゃないか。

ということは、メナスっぽくファストフィートが点灯した後に効果が発生しているのかもしれない。

前作のメナスの点灯タイミングとかぶる…ような気がする(NBA 2K Tutes)

ここからはもうよくわからない状態。

とりあえず、ファストフィートが点灯した後L2を押したままLスティックを右に入れ続けるとまっすぐ移動する。

バッジなしの場合は途中で変なターンを始めるということが分かった。

バッジなしだと、なぜそうなるという動き(NBA 2K Tutes)

というわけで、ファストフィートの効果はある。

あるけれどもどんな効果かいまいちわからないということが分かった。

分かりやすい名前に騙された感じだ。

NBA 2K 24 不動の執行者はやっぱりすごい?

NBA 2K 24で新しく追加された不動の執行者バッジは、発売直後から大きなメリットがアピールされていた。

nba2knokoto.jp

今回はNBA 2K Tutesがディフェンス能力値のブーストがどのくらいあるかという検証を行った。

Immovable Enforcer is TOO MUCH - YouTube

www.youtube.com

検証方法はボールハンドラーをストップできるかどうかの閾値が、不動の執行者のレベルによってどう変化するか。

ペリメーターディフェンス93だとドライブが止められる(NBA 2K Tutes)

ペリメーターディフェンス92だと吹っ飛ばされる(NBA 2K Tutes)

不動の執行者のバッジを付けて、ペリメーターディフェンスを下げていき、どの数値で吹き飛ばされるようになるかをテストした。

それによるとブロンズの不動の執行者を付けた場合、ペリメーターディフェンス48でもドライブが止められた。

不動の執行者の効果がすごすぎておもしろい図になっている(NBA 2K Tutes)

ちなみにクランプのブースト効果はこのくらい(NBA 2K Tutes)

ブロンズの要件は、力の強さ71。
それほど高くはないけれど、なかなか厳しい数値だ。

ただ、ブロンズがあるだけでディフェンスは格段に楽になる……気がする。

能力値に余裕があるなら振っておくべきだろう。

まぁ、余裕がないことのほうが多いのだけれど。